LEDライトのメカニズム、性能比較、価格比較などを行います。

ここからコンテンツ内です。
  1. LEDライトの研究
  2. > LED照明の比較:実際の明るさ比較(3)、東芝製品

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

LED照明の比較:実際の明るさ比較(3)、東芝製品

前回、LED電球の明るさ比較を白熱電球、電球型蛍光灯、東芝のLED、輸入LEDで行いました。

こちらの記事

http://halken18.blog81.fc2.com/blog-entry-11.html

今回は、すべて東芝製LEDで、330ルーメン、485ルーメン、650ルーメン、調光330ルーメンの4種類を比較しました。

なお、上の4つの種類の詳細はこちらにあります。

http://ledshomei.blog.so-net.ne.jp/2011-06-11

まず、下の画像はメインの蛍光灯を点けた状態で、各LED電球の明るさを見たものです。

20110614-1

実際、このように比較してみると、多少の違いはあるようで、650ルーメンは他の商品より明るくなっていますが、その電球だけを点けてわかるかというとたぶんほとんど違いは感じないような気がします。

これは部屋自体がそもそも明るいということだと思います。

そこで、部屋の電気を消した状態で比較しました。

20110614-2

330ルーメン、485ルーメンは同じ色調で、調色の330ルーメンも電気を弱くすると同じ色調です。

一方、650ルーメンは他と明らかに色調が違い、調光の330ルーメンの電気を強くした状態と似ています。なお、この二つの明るさはあまり差がないように見えます。

結局、今回も前回と同じような結論で、LED電球はどれを買っても見た目上の使用感にはほとんど差がなく、暗くした状況で点灯したときには初めて色調の違いが分かります。

それも、結局は好みということになりますので、しばらくは安い製品を買うということでいいのではないでしょうか。


最後に、今回用いたLED電球の形状を見ておきます。

20110614-3

シリーズが異なるわけではないと思いますが、今回用いた東芝のLEDの中で、485ルーメンだけ形状が違います。

他の3つは同じ形で、持つとずっしりしますが、485ルーメンの商品ははっきりと軽くなっています。

私の好みから言えば、軽いのがいいという感じです。

なお、今回使用した製品はこちらになります。


¥1549
¥1780
¥1974
¥3832
¥3280

- PutiRaku -


スポンサーサイト
  1. トラックバック:0|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:購入体験

コメント

コメントを投稿する

コメント:

秘密: (管理者だけに表示を許可する場合)
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://halken18.blog81.fc2.com/tb.php/12-df8d26d9
  1. LEDライトの研究
  2. > LED照明の比較:実際の明るさ比較(3)、東芝製品
電力使用状況&電気予報
最新記事
ツリー親子カテゴリB
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
クリック証券で口座開設 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。