LEDライトのメカニズム、性能比較、価格比較などを行います。

ここからコンテンツ内です。
  1. LEDライトの研究
  2. > LED照明の価格と性能比較、購入体験

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

LED照明の価格と性能比較、購入体験

LED照明の性能と価格比較、そして購入体験です。

LEDは新しい分野で、日々進化していますから、同じ性能をうたっていても全く価格が異なります。

そこで、性能をどう比較し、価格をどう比較するか検討しながら、自宅の照明を順次LED照明に替えて行こうと思います。


まずは、60W電球からです。

我が家には60W電球が10箇所くらいありますが、すでにそのうち半分は蛍光灯に代わっています。

そもそも白熱電球は2,000時間の寿命と言われていますが、1日8時間とすると、250日になりますが、実際は1日8時間も使うことはまれで、印象としては2年程度持つような感じですから、たぶん1日3-4時間なのでしょう。

一方、このところ蛍光灯に替えることが多いのですが、蛍光灯の場合、15,000時間と言われますので、白熱電球の7.5倍です。

2年間の7.5倍とすれば、15年です。

私は家を建ててから約10年ですが、蛍光灯では1-2本替えたか、替えなかったかというイメージです。あまりあてにはなりませんが。

そして、LEDは50,000時間ですから、もう半永久的という感じではないでしょうか。

となると、26E口金のLEDを5本買えば、あとは蛍光灯が切れた時に買うだけになります。

そんなにLEDは買うチャンスがないわけですから、じっくり検討したいという感じです。

さて、LEDはとにかく値段に差があります。

同じ60W相当でも、7-800円から5,000円近くまであります。

でも、一生もんですから、駄目なものは買いたくないという感じです。

50,000時間持つとはいうものの、ばらつきがあってもおかしくないということです。

そこで、輸入物は避け、メーカー物の中から一応実績のある東芝にしました。

まず、東芝の製品の楽天での価格差を調べ、最安値をピックアップしました。

20110605-1


一応、電球色を買う予定でして、基本的に3種類あります。

それぞれE-COREという商品で、2010年2月発売のLDA6L、2010年10月発売のLDA7L、2011年1月発売のLDA9Nとなります。LDA6L/2というのがありますが、LDA6Lのマイナーチェンジっぽい感じです。

まず見るのは、消費電力当たりの明るさ、つまり発光効率です。基本的な流れは新しいほど効率は良くなっています。

次に見るのは、価格当たりの明るさです。これは上から2番目の商品が一番高くなっています。

ただし、この価格当たりというのも実は結構曲者です。

なぜかというと、送料が違うためです。

つまり、一番上の商品は価格当たり明るさはかなり低いのですが、これは送料無料で、その他はすべて送料別です。

しかし、その他もたくさん買うと送料が無料になりますので、ケースバイケースでどれを買えば得かということは変わってきます。

そして最終的に選んだのは、一番上の古くて性能は低いが、この価格で送料無料が魅力的だったことです。

そして、上から4番目、5番目の商品です。

まず、最新の商品はめちゃめちゃ高いのですが、唯一60W代替の工業会の基準650LMをクリアしていますので、1個は買おうということで決めました。

(工業会の基準は昼白色で示してあって、電球色への読み替えは良くわかりません。しかし、電球色の方がルーメンは低くなっていますので、たぶん650ルーメンだろうと想定しています。なお、工業会の基準など、LEDの選び方の詳細はこちらまで。http://ledshomei.blog.so-net.ne.jp/2011-05-25-1

もう一つは実は上から2番目と同じもので、300円高いのですが、やっぱり送料の問題があり、5番目と合わせて買うと5,000円を超えるので、送料無料となるのが魅力です。

結局、何万もする製品ではないですから送料は大きな問題です。

それと、たぶん輸入品ですが980円のこの製品を買いました。






【楽天市場】LED電球 6.5W(口金E26)光量が30%アップした新型60W相当LED電球/白色は600lm!電気代80%カット!長寿命・省エネ/白色&電球色相当/エコ(商品番号:LED033、LED034):激安輸入雑貨通販の店・WILMART



安い製品の中では圧倒的に高性能で、500lmあります。

ただし、980円ですが、送料が525円かかって、東芝の一番上と大差はなくなるのですが、比較のために買ってみました。

以上、一応今日注文ですから、全部が揃ったら実際の比較を記事にする予定です。

あと、東芝の製品を上から1番目、2番目、5番目を示します。

3番目、4番目は5番目と同じショップですから、そのリンクから見てください。






【楽天市場】東芝 E-CORE LED電球 E26形 6.4W 60W相当 LDA-6N(L):ライトアロイ







【楽天市場】【入荷未定】東芝 LED電球E-CORE[イーコア] LDA7L 直下照度60W相当(485lm)電球色相当 26口金(E26)【1万円以上ご購入で送料無料】【setsuden_led】【keyword0323_led】:ライテック







【楽天市場】☆東芝 E-CORE LED電球 一般電球形 9.4W 電球色相当 E26口金  直下照度60W相当 650lm  LDA9L 【b_2sp0601】:オールライト

スポンサーサイト
  1. トラックバック:0|
  2. コメント:0
  3. カテゴリー:購入体験

コメント

コメントを投稿する

コメント:

秘密: (管理者だけに表示を許可する場合)
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://halken18.blog81.fc2.com/tb.php/8-856ce00e
  1. LEDライトの研究
  2. > LED照明の価格と性能比較、購入体験
電力使用状況&電気予報
最新記事
ツリー親子カテゴリB
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
クリック証券で口座開設 QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。